園の特徴

特徴

園服・制服のない幼稚園

「個性尊重」を目的とし、一人ひとり、どの子がどこで遊んでいてもわかります。
元気一杯思い切り遊べるように、汚しても構わない洗いざらしの普段着で登園させて欲しいと思います。

保育活動

  • 子どもの興味や関心、意欲を考慮し、子どもの自主性を尊重する中で、子ども同士の関わりから次第に生まれてくる「協同」を大切にしています。
  • 「飼育栽培」
    思いやる心を育てるために、幼稚園では、花を育てたり、うさぎやカメを飼っています。
    動植物の世話をすることによって、生命への関心や子ども達の心を豊かに育てています。
  • 「体育あそび」
    専門の教師により、週1回いろいろな運動あそびを行います。
    走る、鉄棒、跳び箱、縄跳び、水遊びなど、いろいろな種目を通して運動の楽しさを知る良い機会となっています。
    とこはスイミングプールを利用して、大きなプールで水に親しむことも経験します。
  • 「音楽あそび」
    音楽教師により、いろいろな楽器に触れたり、たくさんの歌を歌いリズム感を養います。
  • 「英語あそび」
    英語教師により、あそびを通して英語に触れ、楽しく過ごします。
  • 「お茶ごっこ」
    年長児になりますと、お茶の先生をお招きして おじぎの仕方、歩き方、お茶の頂き方の礼儀を5歳児として無理なく行います。
  • 「園外保育」
    スクールバスを利用したり、歩ける範囲は歩きながら、見て、感じて、思い切り身体を使って活動します。子ども達の楽しい活動の1つです。
  • 「クッキング」
    「食育」をテーマに、身近な素材を使い 皆で一緒に作って食べる経験をします。
  • 「読み聞かせ」
    ボランティアのお母様たちが子ども達に読んで下さいます。
    絵本は言葉の宝箱です。たくさんの絵本から、子ども達の想像力が豊かになることを願っています。

短期大学部付属幼稚園として・・・

毎週火曜日に保育専攻科の学生が実習に見え、園児と一緒に遊んだり、担任の補助として保育に参加してくれます。
その他、園の行事等に参加して保育活動を盛り上げてくれます。

Q&A

保育終了後、課外活動(クラブ)はありますか?
週に1回、各学年に合わせて、希望者のみ個々の興味や関心を育て能力の芽を育む為のクラブ活動を行います。専門の先生によって有料で行われています。

課外活動は、下記の通りです
年少・・・わんぱくクラブ(体育教室)・モダンバレエ・作法教室
年中・・・わんぱくクラブ(体育教室)・英語クラブ・ピアノ教室・モダンバレエ・作法教室
年長・・・わんぱくクラブ(体育教室)・英語クラブ・かきかたクラブ・ピアノ教室・モダンバレエ・作法教室
スクールバスには乗りませんが、帰りはお迎えですか?
スクールバス以外の子どもさんは、徒歩降園ができます。 地域別5コースに分かれ、職員が保護者の方のお迎えの場所まで送ります。 雨の時は、並んで歩くことは危険ですので、保護者の方に園までお迎えに来て頂きます。